09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

お腹のマッサージ、オプフリ

2010年02月02日
先日施術したローカルのお客様から、その後のメールをいただきました。

お腹のマッサージ、恐るべし!
いつも快便なほうですが、マッサージの後、
ガスがたくさんでて、その後3回もお通じがありました。


「サイトやパンフレットなどにも、お腹のマッサージのこともっと書いたら良いのに。」
と、殺風景なわたしのサイトの心配までしてくださって、アドバイスまでいただいちゃいました。

そうなんです。お腹のマッサージ、わたしのサイトでは特に謳っていませんが、

「キク!」んです!!!

お腹のマッサージをロミロミではオプフリと呼びます。
オプ(おなか)、フリ(ひっくり返す)

お腹に圧をかけ、オイルマッサージを施していきます。
このマッサージは、腸を刺激するだけのものではなく、
内臓の位置を整えるものです。

内臓の位置をポノの状態、つまり、正しい状態に戻す、というのが
オプフリの考え方。

内臓の位置が正しく収まることによって、
血行がよくなったり、エネルギーの滞りがなくなります。

これまで施術をしてきた実感では、上記の効能以外にも、(わたし的な見解では、)
オプフリによって、緊張した横隔膜がゆるみますので、
深い呼吸が出きるようになり、体の深部のコリがとれ、血流を促すことにつながると考えています。
これもまた、オプフリの効果といえると思います。

通常60分のロミロミの中では充分な時間が取れませんので、
シーツの上から軽くエネルギーを整えるだけになりますが、
もし、じっくりとオプフリをしたい、というご希望がありましたら、
ご予約の際にご相談ください。
90分あれば、しっかりとオプフリできます。

便秘じゃないから、とお腹のマッサージを希望されない方もいらっしゃいますが、
いつも体に力の入っているような状態の方にも、オプフリは効果的です。
交感神経がつねに優位になっている方でも、オプフリでお腹を緩め、
深い呼吸を繰り返すことで、リラックス(副交感神経が優位)状態となるからです。

便秘がちな方、お腹がいつも冷えている方、足の長さが左右で違う方、つねに緊張状態の方などに、
オプフリは向いていると思いますので、そんな方はぜひお試しください。



お腹を直接触られたくない方もいらっしゃるかと思われますので、
こちらからお伺いしてから施術しています。ご安心ください。








出張マッサージのご依頼はこちらまで



お電話で>> 808-203-0049(日本語でどうぞ)
メールで>> : mamo@kenji2.sakura.ne.jp
予約フォームで>>Ti timeのサイト・予約フォームへGO!<予約フォームの文字をクリックしてください。必要項目の漏れがないので、こちらからのご予約がおすすめです。
または、このサイト左欄の「メールはこちらから」からメールください。


施術中は電話に出られませんが、伝言を残していただければ折り返しお電話させていただきます。

留守番電話・メールに必要なインフォメーションは、

お名前、(複数の場合は代表者名と人数)
ご連絡できる電話番号、(携帯電話、ホテル滞在の方は、ホテル名とホテル宿泊に記載したお名前)
希望の日時(第三希望くらいまであれば調整しやすいです)
マッサージの種類、長さ(オプフリや肩を多めなどご希望があればそれも教えてください)

です。

ご意見・ご質問・ご感想などもお気軽に!



スポンサーサイト
オプフリ(お腹のマッサージ) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示