09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

オプフリが注目されています。

2012年10月11日
8月辺りから、「オプフリ」に関するお問い合わせ、施術の依頼が増えています。
「オプフリ」という言葉自体、日本では一般的じゃないのに、いったいどうして?

オプ(おなか)をフリ(ひっくり返す)。
おなかをマッサージすることで、内臓の位置を整えていきます。



先日、オプフリを依頼されたお客様に聞いてみたところ、旅行雑誌の切り抜きを見せていただきました。

オプフリで子宮の位置を整える、という記事で、わたしがハワイに来て初めてロミロミを習ったクム(先生)の、キャレンが施術をしているものでした。

彼女は、パパ・カルア・カイアフアに師事し、エネルギーワーク色の強いロミロミをします。

パパ・カルア・カイアフアが得意としていたのは、子宮の位置を治すこと。逆子さえ直すことができたそうです。
これは彼自身がスピリチュアルなヒーラーなので出来たこと。
なぜなら、子宮は、体の外から触っても動かすことのできない位置にあります。
子宮は膀胱の後ろ、直腸の前に位置し、通常は鶏の卵くらいの大きさ。
彼は、エネルギーレベルで、子宮の位置を整えるのです。
クム・キャレンもその一人。
彼女はオプフリを教えるとき、生徒たちに、「妊娠しやすくなるから、まだ子供が欲しくない人は気を付けてね。」とちゃめっけたっぷりに言ったものです。

ハワイでロミロミマッサージをするセラピストでも「オプフリ」という言葉を知らない人もいます。
オプフリがお腹のマッサージと聞いて、お通じが良くなる、とだけ思っているセラピストもいます。
日本の人のほうが情報通だったりします(^_^;)。

さてわたしの場合、クム・キャレン直々に教えを受けていますので、もちろんオプフリ、いたします。
ただ、スピリチュアルなワークではあるものの、実際におなかを触ってマッサージする以上、
「スピリチュアルレベルで子宮の位置が整った」だけでなく、物理的に内蔵を動かしているわけですから、
それ相応の効果も語りたい!


語らせてください(^_^;)!


以前にも記事にさせていただいてますが、オプフリはこんな効果もあります。


以下、以前の記事(記事全文はこちらよりご覧ください)より


お腹のマッサージをロミロミではオプフリと呼びます。
オプ(おなか)、フリ(ひっくり返す)


お腹に圧をかけ、オイルマッサージを施していきます。
このマッサージは、腸を刺激するだけのものではなく、内臓の位置を整えるものです。

内臓の位置をポノの状態、つまり、正しい状態に戻す、というのがオプフリの考え方。

内臓の位置が正しく収まることによって、血行がよくなったり、エネルギーの滞りがなくなります。

これまで施術をしてきた実感では、上記の効能以外にも、(わたし的な見解では、)
オプフリによって、緊張した横隔膜がゆるみますので、深い呼吸が出来るようになり、体の深部のコリがとれ、血流を促すことにつながると考えています。
これもまた、オプフリの効果といえると思います。

通常60分のロミロミの中では充分な時間が取れませんので、シーツの上から軽くエネルギーを整えるだけになりますが、もし、じっくりとオプフリをしたい、というご希望がありましたら、ご予約の際にご相談ください。
90分あれば、しっかりとオプフリできます。

便秘じゃないから、とお腹のマッサージを希望されない方もいらっしゃいますが、いつも体に力の入っているような状態の方にも、オプフリは効果的です。
交感神経がつねに優位になっている方でも、オプフリでお腹を緩め、深い呼吸を繰り返すことで、リラックス(副交感神経が優位)状態となるからです。

便秘がちな方、お腹がいつも冷えている方、足の長さが左右で違う方、つねに緊張状態の方などに、オプフリは向いていると思いますので、そんな方はぜひお試しください。



お腹を直接触られたくない方もいらっしゃるかと思われますので、こちらからお伺いしてから施術しています。ご安心ください。





子宮の位置を直したり、呼吸を楽にしたり、エネルギーの流れを整えたりするオプフリ。
受けてみたい!と思った方は、ぜひご連絡ください。




出張マッサージのご依頼はこちらまで



お電話で>> 808-203-0049(日本語でどうぞ)
メールで>> : mamo@kenji2.sakura.ne.jp
予約フォームで>>Ti timeのサイト・予約フォームへGO!<予約フォームの文字をクリックしてください。必要項目の漏れがないので、こちらからのご予約がおすすめです。
または、このサイト左欄の「メールはこちらから」からメールください。


施術中は電話に出られませんが、伝言を残していただければ折り返しお電話させていただきます。

留守番電話・メールに必要なインフォメーションは、

お名前、(複数の場合は代表者名と人数)
ご連絡できる電話番号、(携帯電話、ホテル滞在の方は、ホテル名とホテル宿泊に記載したお名前)
希望の日時(第三希望くらいまであれば調整しやすいです)
マッサージの種類、長さ(オプフリや肩を多めなどご希望があればそれも教えてください)

です。

ご意見・ご質問・ご感想などもお気軽に!





スポンサーサイト
オプフリ(お腹のマッサージ) | コメント(0) | トラックバック(0)

力を抜いて。。。

2012年10月02日



ワイキキアクアリウム。

のんびりと、なーんにも考えず、水に漂うクラゲを見る。


きれい。



水の中を自由に泳ぐ、色とりどりの魚を見ていると、わたしも海に入りたくなる。


なーんにも考えず、力を抜いて、海にいだかれる。


力が入った瞬間、体は沈んでしまうよ。


そう、なーんにも考えず、海と空と自分と、一体になる。


力を抜いてね、


リキまずに、怖がらずに、


自然はあなたを優しく守ってくれるから、



信頼して、力を抜いて・・・・









マッサージを受けている最中でも、カラダに力が入ってたり、歯を食いしばっているクライアントさんがいらっしゃいます。
「力を抜いてください。」とセラピストから言われた方もいらっしゃるんじゃないでしょうか?

わたしはクライアントさんに「力を抜いてください。」と言わない、と決めています。
だって、入れようとして入れてるんじゃない。
本人だって、知らないうちに力が入っているのだもの。
「力を抜け」って言われたって、入れてる自覚がないのに、力の抜きようがない。

そんな方は、カラダにいつも力が入っているので、肩や首はガチガチ。
交感神経がつねにON状態で、いつも気が休まらない。
呼吸も浅くなり(止まっている人さえいます!)、ますます筋肉は固く、コリは厳しくなっていきます。



そんな方が自然に力を抜けるような施術をするのが、セラピストのつとめだと思っているので、わたしは「力を抜いてください。」とは言わない。



実際にどんな施術をするのかは、その人の状態によって違ってきます。

あるものを使ったり、ある筋肉をゆるめたり。。。。


体験してみたい方は、わたしにご連絡ください(^_^;)。



マッサージを受ける時間もお金もない!という方は、とりあえず、海に出かけてみましょう。

そして、ただのんびりと、海に浮かんでください。

うまく浮くことができますか?
カラダの力が常に入っている人は、海に浮かぶのは難しいでしょう。


もし、プカーンと浮かぶことが出来たら、その状態を「感じて」ください。



それが、力を抜いている状態です。



この状態を、カラダに教えてください。

日常でもこの「感じ」が思い出せれば、深いゆったりとした呼吸とともに、からだの力が抜けて、リラックスへと導かれます。











未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |